制作の流れ

※一般的な企業様向けの映像制作の流れです

打合せ(ヒアリング)


お客さまと制作スタッフとの打ち合わせを行い 制作の基本方針を決めていきます。
まずお聞きする事は、何を見せたいか(売りたいか)、誰に見せたいか(ターゲット)、どこで見せたいか(媒体)これら制作の基本的な部分です。

企画構成


打ち合わせを受けて台本を制作し、映像の演出や手法を検討します。
御見積りの方もご提示させていただきます。

制作準備

まず撮影する場所を決定するための下見(ロケーションハンティング)を行います。
会社の内部の撮影などの場合は、お客様側で、事前に手配や手続きをお願いすることもあります。
その他に制作に必要な資料や撮影の小道具などの手配を行います。

撮影


台本を元に撮影を行います。
作品のねらい通りに撮影することが何より重要です。 
撮影当日はクライアント様にも立ち会ってモニタリングしていただき、
確認や要望を制作サイドに伝えていただくことが必要になります。

編集


台本を元に撮影素材をつなぎ合わせて一本の作品にしていきます。
同時にテロップや画面効果、CGなどを挿入しさらに質の高いものにします。

録音(MA)


編集が終わった段階では、ナレーションや音楽は入っていません。
そこで行うのが録音(MA) の作業です。イメージに合った音楽や効果音を入れ、最後にナレーションを
録音し、映像に命を吹き込んでいきます。
録音当日はクライアント様に立ち会っていただき最終チェックをお願いします。

完成

完成した映像を使用用途や目的に合わせたメディアで納品します。
DVDやBDはもちろん放送対応のフォーマットによる納品も可能です。
大量のメディアへのダビングやメニュー画面の構成・制作もお任せ下さい。

Scroll Up